あの夏、いちばん静かなトイレ。日記

| コメント(0) | トラックバック(0)

つい先日の話ですが、駅のトイレで小をしている時に、大を漏らしました。いや、この表現には語弊があって、漏らしたといっても柔らかいのがちょろっとパンツとディープキスをした感じであって、あくまでトイレの中というシチュエーションといい、パンツの中で完結している事といい、分類するならば「漏らしていない」に分類する出来事だとは思うのですが、世の中にはこれをもって「漏らした」と分類する方がいないとも限らない為、あえて少数派の意見にあわせる形で、「漏らした」という事にして話しを進めたいと思います。

なんの話でしたっけ。あ、そうそう、パンツと大がキスをした話でした。私はこういう時にこそ紳士の行動を取るべきだと思い、ついに両想いとなったパンツと大を二人きりにしてあげる為に個室へと入り、優しく、そして厳重にトイレットペーパーで二人を包むと、愛し合う二人を衆目に晒すのもどうかと思ったので、溢れる父性でもってカバンの中に仕舞い込みました。なんて紳士なんだろう、私は。

当然、私はパンツをキャストオフした状態になった訳ですが、その状態が余りに開放的であり、夏に相応しい涼しさであり、これこそが紳士の、いや、人間のあるべき姿なのではないか、と思いました。これを、私はノーパンシステム(特許出願はあえてしない)と名付け、「この夏はこのシステムを導入していこう」と思いながらホームへと向かったのですが、そこで大きな問題がある事に気付いてしまったのです。

私は1年の内、300日程度はお腹の調子がよろしくなく、大が開放的になる時が割合と多い為、大の愛するパンツをキャストオフしてしまうと、ストライクウィッチーズの観過ぎでどうにかなってしまった私の脳を通じて、ズボンをパンツだと勘違いした大さんがズボンと愛し合ってしまう可能性が出てきてしまうのです。これはヤバイ。私ほどの紳士であっても、ズボンと大さんが愛し合ってしまった日には、二人を隠し通す事が出来ません。というか、二人を隠したら逆に大事なところが隠せません。18禁なところが隠せません。そんな訳で、この夏、ノーパンシステムで過ごす事は断念しましたとさ。そんな、ちょっといい話。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://heesey.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/299

コメントする

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2次キャラランキング
現在
殿堂 大空寺あゆ様 ――
1. 高町なのは
2. 宮永咲
3. 小笠原祥子
4. 宇佐美奈々子 new
5. 小豆梓 new
6. 杉浦碧
7. 読子・リードマン
8. 神宮寺まりも
9. 観月さおり
10. 柊海

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリ一覧

アーカイブ

なのはたん萌え 栗林みな実 真紅様 田村ゆかり じゅんにゃん 祥子様

チン長 cm




メニュー


巡回サイト

競馬関係

オタ関係

声優関係

アニソン関係

エロゲ関係

その他



メールフォーム

お名前:

メールアドレス:
(記入すると漏れなく気持ち悪いメールが届きます)

サイトURL:(お持ちであれば)

メッセージ:

Powered by Movable Type Pro
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。